ネットビジネス

グーグルアドセンス広告の貼り方!WordPressプラグインWP QUADSで簡単広告挿入!

グーグルアドセンスの審査に通ったら、早速収益化の準備を整えましょう。

広告挿入には、WordPressプラグインが簡単で便利です。ここでは、アドセンス広告を初めて貼るという方向けに、広告コードの取得から、広告の貼り方、プラグイン「WP QUADS」の設定の仕方までをわかりやすく解説します。

グーグルアドセンスの広告コードを取得する!

広告コードを取得するには、グーグルアドセンスのサイトで、グーグルアカウントで、「ログイン」する必要があります。

ログインしたら、画面左にある「広告」をクリック!

広告ユニットの「新しい広告ユニットの作成」で広告を作成します。

ここではディスプレイ広告を選択!

「広告ユニットの名前を入力」の欄に、サイト名、広告の場所など管理しやすいように、任意の名前を付けます。

広告サイズは、縦長、横長、レスポンシブから選択できますが、ここではレスポンシブを選択します。

作成をクリック!

「広告を作成しました」と表示され、上記グレーの部分に、広告コードが表示されますので「コードをコピー」します。

あとは、広告コードをコードをコピーしてサイトに貼り付けるという手順になります。

広告コードは、サイト毎、設置する場所ごとにコードを取得してください。のちで収益や効果の分析の際に必要になります。

WordPressプラグイン「WP QUADS」のインストール

ではここからは、広告コードをサイトに貼り付ける手順です。プラグイン「WP QUADS」をインストールします。

  • 1. wordpressの管理画面 > プラグイン > 新規追加
  • 2. WP QUADS で検索し「いますぐインストール」でインストール
  • 3. インストール後は「プラグインの有効化」をします

                 ↓ ↓ ↓ ↓

インストールが済んだら「有効化」をクリック!以上でインストールは完了です。続いて設定に進みます。

WP QUADS の設定

wordpressの管理画面 > WP QUADSS で設定していきます。

「WP WUADS」をクリック!
↓↓↓
以下の設定画面に遷移します。

  • ① 表示する広告数
    Unlimited(制限なし) でOK
  • ② End of Post(記事の終わりに広告を入れる)
    Ad3にして、チェックを入れる
  • ③ right after the <!– more –>タグ
    Ad1にして、チェックを入れる
    (moreタグ直後に広告を入れる)
  • ④ 広告表示する箇所
    変更なしでOK(全てにチェックを入れておく)
  • ⑤ 広告を表示する記事の種類
    post だけでOK
  • ⑥ Show Quicktag Buttons on the HTML Post Editor
    チェックを入れておく
    (チェックを入れると、ビジュアルからテキストに切り替えると広告ボタンが表示される)

ここまで入力したら「変更を保存」をクリック!

広告コードの設定

続いて、同じ設定画面でタブ「ADS」をクリックして、実際の広告コードを設定します。

「Ad1」, 「Ad2」, 「Ad3」 に広告コードを設定していきます。以前は1記事に広告は3枚までなど枚数の上限が決まっていましたが、現在その上限は撤廃されているので、必要に応じて「Ad4」「Ad5」と設定していきます。

 

「GENERAL & POSITION」のタブで以下のように設定しました。

  • 「Ads1」が、moreタグ直後の広告コードの入力箇所
  • 「Ads2」が、記事本文中の広告コードの入力箇所
  • 「Ads3」が、記事の終わりの広告コードの入力箇所

「Ad1」から設定していきます。

「Ad1」をクリックすると、上記の設定画面が表示されます。

「Plain Text / HTML / JS」を選択し、広告コードを設定します。

  • ①「Plain Text / HTML / JS」を選択
  • ② 広告コードの設定
  • ③ レイアウトは中央を選択
  • ④ Margin(広告回りの余白)は15

「Ad2」, 「Ad3」「Ad4」・・ も同様に設定します。最後に設定画面の一番下にある「変更を保存」をクリックして完了です。

収益性の高い広告配置とは?

この広告ユニットを記事本文中に3つ設置するのが、もっともクリック率が高く収益性も高いです。本文中の設置する箇所は、

  • 「MOREタグ」の位置
  • 記事本文中の任意の場所
  • 記事本文の直下

の3箇所です。アドセンス広告は、ただ設置するだけであったり、数多く設置すればいいというわけではなく、きちんと効果が見込める広告を適所に配置することが大切です。

他にもサイドバーに設置したり、自動広告を利用したり、どの広告をどう設置するのが収益が高まるかなども貪欲に試していきたい部分です。

記事に広告を貼る方法

プラグイン「WP QUADS」の設定で、記事の直下の広告は自動で表示するように設定してあります。

実際に記事を書いて、広告を挿入するのは、以下の2点。

  • 1つ目の見出しの前・・・moreタグで挿入
  • 最後の「まとめ」の見出しの直前・・・「Ad2」で挿入 

投稿画面で「テキスト」に切り替えます。

広告を挿入したい位置にカーソルを移動しておきます。

上部のボタンの中から「more」をクリック。

これで1つ目の見出しの前、「moreタグ」の後ろに挿入される広告が挿入できたことになります。

同様に、

  • テキストに切り替える
  • 広告を挿入したい場所がわかるように改行し、挿入したい場所にカーソルを置く
  • 編集画面上部のボタンから「Ad2」をクリック!

この作業で、記事中の挿入したい場所に広告が挿入できます。

まとめ

グーグルアドセンスの広告の取得と貼り方を解説してきました。

  • 広告タイプは「ディスプレイ広告」
  • 広告サイズは「自動サイズ/レスポンシブ」を選択
  • アドセンス広告を貼るワードプレスのおすすめプラグインは「WP QUADS」
  • インストール、有効化して、Ad1, Ad2, Ad3 などを設定するだけ
  • 記事の中に入れたい場合には、手動で入れる

記事の中にも自動で広告を入れられますが、意図しないところに広告が表示されてしまった場合、アドセンスのポリシー違反になってしまうことも考えられます。

記事の中は、読者から見て自然なところ、問題ない箇所、アドセンスのポリシーに違反しない箇所を確認して手動で入れる方が安心確実です。

記事を書き終えたら、PCと、スマホで広告がどう表示されるか、都度確認するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

-ネットビジネス

© 2020 Netbusiness Labo