おすすめツール・指南書

AFFINGER5(アフィンガー5)なら簡単!グーグルアドセンス広告の貼り方!

WordPressテーマ「AFFINGER5」でグーグルアドセンス広告の貼り方をお伝えします。AFFINGER5は、アフィリエイト、アドセンスサイトを運営する人向けに、ウィジェットにアドセンス広告の項目があるので、簡単にアドセンス広告が設置できます。

この記事では、アフィンガー5でアドセンスに取り組む初心者の方向けに、広告コードの作成、広告の設定・貼り付け方法など画像を入れながら、わかりやすく解説します。

収益性の高い広告配置は?

アドセンスブログを3年超運営してきた経験からいうと、レスポンシブ広告を記事本文中に3つ設置するのが、もっともクリック率が高く収益性も高いです。本文中の設置する箇所は、

  • 「MOREタグ」の位置(最初の見出しの上)
  • 記事本文中の任意の場所(まとめの見出しの前)
  • 記事本文の直下

の3箇所です。アドセンス広告は、ただ設置するだけであったり、数多く設置すればいいというわけではなく、きちんと効果が見込める広告を適所に配置することが大切です。

メモ

さらに、アドセンスサイトを運営し一定の条件をクリアすると(条件は公開されていません)関連コンテンツが表示できるようになります。関連コンテンツは収益性の高い広告なので、まずは関連コンテンツが掲載できるサイト運営を目指し、掲載できるようになったら、ぜひ活用していきましょう。

グーグルアドセンスの広告コードを取得する!

広告コードを取得するには、グーグルアドセンスのサイトで、グーグルアカウントで、「ログイン」します。

  • ログインしたら、画面左にある「広告」をクリック!

  • 広告をクリック!

  • サマリーをクリック!

  • 「ユニットごと」のタブを選択!

  • 広告ユニットの名前を入力→任意で名前をつける
  • 広告の形を選択→ここではスクエアを選択
  • 広告サイズを選択→ここではレスポンシブを選択
  • その後作成をクリック!

コードをコピーします。

広告コードは、サイト毎、設置する場所ごとにコードを取得してください。のちで収益や効果の分析の際に必要になります。

コピーしたコードを一部修正する

テキストエディタ等に張り付けておいたアドセンス広告のコードの中の

data-ad-format="auto"

という部分の「auto」の部分を「rectangle」に変更します。

data-ad-format="rectangle"

そうすれば、アドセンス広告が長方形の大きな広告に切り替わります。このような大きな広告にすることによって、広告のクリック率がグンと上がり、より大きな収益が期待できるようになります。

アフィンガー5でアドセンス広告を貼る方法

アドセンス広告の位置の王道といわれるそれぞれの位置にアドセンス広告を貼る方法を解説します。

記事上部に貼る

  • WordPress管理画面のメニュー「外観」>「ウィジェット」と進みます

「PCのみ投稿記事上に表示」に、左側のメニューから「カスタムHTML」のボックスをドロップ&ドラッグで移動させてきます。

スマホ用も同じく「広告・スマホ用上部のみ」に左側の目結ーから「カスタムHTML」のボックスをドロップ&ドラッグで移動させてきます。

カスタムHTMLの下向き矢印をクリックしアドセンスコードを貼り付けます。貼り付けたらSAVEをクリックします。

見出しの上に貼る

WordPressの管理画面から「AFFINGER5管理」に進みます。

メニューの「Google連携/広告」をクリック

  • 「見出し前に広告挿入」の項目に広告コードと設定をしていきます。

どこに広告を挿入するかは任意で決めます。私は、投稿記事のみで、1つ目の見出しと3番目の見出しの前に広告を挿入するように設定しています。

自分のブログが「h2タグ」をいくつくらい使う構成にしているかによって設定が異なると思います。

記事下に貼る

WordPressの管理画面のメニュー>外観>ウィジェット と進みます。

投稿記事の下に一括表示の枠に「カスタムHTML」のボックスをドロップ&ドラッグで移動させて、「カスタムHTML」内に、アドセンスコードをペーストします。

ポイント

関連コンテンツ広告が貼れるようになったら、こちらにもう一つカスタムHTMLのボックスを追加して、関連コンテンツ広告を追加しましょう。

まとめ

今回はWordPressテーマ「アフィンガー5」でのアドセンス広告の設定・貼り方など解説してきました。今回、収益性が高いといわれる王道の位置を解説してきましたが、どのブログもこれが最適かというとそうでない場合もあると思います。

まずは王道と言われる位置に設置してみて、今後は、どの位置が収益性が高いかテストしていきながら、あなたのブログの最適な位置を見つけていくのがいいでしょう。

もちろん、アフィンガーを導入していないサイトではプラグインを使うなど別の方法でアドセンス広告を設定してくようになります。

グーグルアドセンス広告の貼り方!WordPressプラグインWP QUADSで簡単広告挿入!

グーグルアドセンスの審査に通ったら、早速収益化の準備を整えましょう。 広告挿入には、WordPressプラグインが簡単で ...

続きを見る

また、更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

-おすすめツール・指南書

© 2020 Netbusiness Labo