在宅ネットビジネス起業の始め方!副業と複業の違いとは?

ネット社会の発展とともに、ネットを使ったさまざまな新しいビジネスが登場してきて、在宅ネットビジネスで起業する人も増えています。ネットビジネスの特徴はネット環境さえあれば誰でも参入可能で、かつ場所や時間にとらわれない柔軟な働き方ができる点。そのため、副業や複業としてスタートする人も増えています。

今回は少ない予算でスタートできてお小遣い稼ぎではなく「起業」で成功するための在宅ネットビジネス起業の始め方のポイントをお伝えします。

また、最近よく使われるようになった「複業」という言葉ですが、副業と複業の違いとは何かについても解説します。

在宅起業におすすめのネットビジネスとは

ネットビジネスや起業に関するおすすめのビジネスを紹介しているサイトは多くありますが、頑張ってもお小遣い収入程度しか稼げないものや、在宅でできはするものの、時間の切り売りで雇われ労働収入と変わらないものを紹介している場合も多いです。

ここでは自分やネットビジネスの仲間の情報を含め、在宅での起業に個人的におすすめと思うビジネスを紹介します。

ブログにアクセスを集めて広告収入を得るGoogleアドセンス

Googleアドセンスではブログに広告を貼り付けて、その広告がクリックされることで報酬が発生するビジネスモデルになります。

クリックされることで報酬が発生するため、商品を紹介するアフィリエイトよりも稼ぐ難易度が低いのが大きなメリット。

ただし、ワンクリックの単価は高くなく、大きく稼ぐためには大量のアクセスが必要になります。

大量のアクセスが必要になるため、Googleアドセンスで稼ぐブログのジャンルのほとんどがトレンド系、季節系、イベント系です。

ただ、他のジャンルがダメかというとそんなことはなく、政治経済・ゲーム・アニメ・ドラマ・車・旅行・恋愛・スマホ・ファッション・・・など、アクセスが集まればなんでも構いません。

経験から言うと、芸能・エンタメ系は成果の結果が早いです。

アドセンスだけで、月収30万、50万・・としていくのは1人で運営するには至難の技です。外注化を取り入れるなどして、いくつかのサイトを運営するなども要検討です。

お小遣い稼ぎから脱して、起業を考えるなら、以下に紹介する、アフィリエイトとの組み合わせや、アドセンスの実績構築を元に、情報発信に移行していくことを最初から視野にいれておくと良いです。

ブログで商品を紹介するアフィリエイト

ブログやサイトで商品やサービスを紹介するアフィリエイトもおすすめの在宅インターネットビジネスです。

アフィリエイトは、Googleアドセンスとは異なり、商品やサービスが成約したら報酬が発生する仕組みなので、難易度はやや高めになります。

ブログのジャンルをダイエット系や美容系、クレジットカード系など特化させると成果が出やすいと言われます。

自分の知識や経験をビジネスに変える情報起業

自分の知識や経験、好きなことをビジネスに変える情報起業もおすすめのインターネットビジネスです。方法としては大きく分けると2つあります。

コンテンツを提供して稼ぐコンテンツビジネス

「価値のあるコンテンツやアプリを作り、ダウンロード販売をする」ダウンロード販売資産型ビジネスです。

オーディオブックや動画、マニュアル、テンプレート、画像素材などありとあらゆるものがコンテンツになります。

情報起業は自分の知識や経験をPDFや音声、動画という情報という形で販売するため、商品はいくらでも複製が可能で利益率が非常に高いビジネスです。

ただし、情報起業のデメリットは自分で商品を作らなければならない、自分でお客さんを集めなければならない(集客)、自分で商品を販売しなければならない(セールス)という点。そのため難易度はやはりやや高め。

この仕組み作りができれば、収益も一気に月収7桁、8桁も夢ではないビジネスモデルです。

コンサルティングビジネスで起業

コンサルタントと言っても、経営コンサルタント、起業コンサルタント、集客コンサルタント、美容コンサルタント、占いコンサルタントなどなど、そのジャンルや種類は多岐に渡ります。

心理カウンセラーやセラピスト、あるいはコーチ(コーチング)という肩書きを名乗る人たちも、モデルとしてはこのコンサルティングビジネスになります。

コンサルティングビジネスは、ネット上で自分の得意な知識や専門スキルなどの情報を発信し、そして集まってきた「悩みや問題を抱えている人」にコンサルティングやサポートを提供する仕組みです。

コンサルティングビジネスは、基本的には自分の時間を費やすため、ほとんどの場合は高額料金を設定します。自分の体と頭があればいいので、ほとんどコストは掛からないため、非常に利益率の高いビジネスモデルです。

ただし、ネットを使って集客したり、ZOOMやスカイプを使って、在宅でビジネスは可能ですが、コンサルティングビジネスは個人的には労働型に近いと感じます。

自分が対応できなくなると収益も途絶えてしまうので、収益率は高く、高額報酬も設定可能ではありますが、自動収入の柱も合わせて構築できていることが望ましいです。

複業と副業の違いとは?

新聞やニュースでも聞かれるようになった「副業」と「複業」という言葉ですが、音にするとおなじ「フクギョウ」ですが、意味もニュアンスも明確に違いがあります。

副業とは

副業とは、本業以外の仕事で収入を得ることを指します。兼業・サイドビジネスとも呼ばれ、雇用形態によってアルバイト、在宅ビジネス、内職などに分類されます。本業以外の「収入を得る」ことがフォーカスされています。

本業がメインで副業がサブ、という位置づけになるため、本業が忙しくなれば一時的に副業はお休み、ということもできます。

複業とは

副業と似た言葉に複業が挙げられます。字が表すとおり「複数の仕事を持つこと」です。 副業は、収入、要する時間、労力が本業と比べると少ないという特徴があります。

それに対して複業は、本業を複数持っているというイメージです。かける時間や労力は限りなく本業に近く、プロ意識も高く持つ必要があります。

「複業」は、個人が複数の仕事を平行して行っている状態を意味しています。「副業」とは違い、どちらが”主”でどちらが”副”とはいえない、同等に労力をかける仕事を持つことが複業の特徴です。

また、収入にフォーカスした「副業」とは異なり、本業とは別の活動によって人生の可能性を広げようという考え方が「複業」ともいえます。

「副業」の意識では起業は難しいでしょう。起業とは業を起こすことでありビジネスです。片手間意識でうまくいくほど甘くありません。

ネットビジネスで起業を考える場合には、専業でなくとも、「複業」の意識で取り組むことが成功へ一歩近づくポイントです。

パラレルキャリアとは?意味や複業と副業の違い、メリット・デメリットとは?

働き方改革の一環として副業・兼業を推奨する流れもあり、一部の大企業ではすでに従業員に対して副業が奨励されています。そんな ...

続きを見る

まとめ

在宅インターネットビジネスで起業を考えるときにおすすめのビジネスとその特徴、始め方についてお伝えしてきました。

起業すること自体は簡単です。在宅インターネットビジネスのスタート、立ち上げとして、先に紹介したビジネスは少コストでスタートでき、ほぼリスクなし。在宅起業にもぴったりでおすすめです。

ただし、起業家として成功し続けるためには、長くビジネスとして収益を上げ続けなければなりません。ただ、収入になるだけでなく、誰かの役に立つことで稼げるようなやりがいのある仕事に自分でカスタマイズしていく創意工夫と覚悟が必要です。

今後を考える

これからの時代、なんとなく過ごしているだけでは苦しくなるばかり。
何かしら手を打たないと、と漠然と感じている人も増えています。

あなたはいかがですか?

こうした中、私は、先を見越して何をしたらいいのかと
考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。

選択肢のひとつ、解決策の一助になれば幸いです。
以下から無料で登録できます。

-ネットビジネス

Copyright© Netbusiness Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.