パラレルキャリアとは?意味や複業と副業の違い、メリット・デメリットとは?

働き方改革の一環として副業・兼業を推奨する流れもあり、一部の大企業ではすでに従業員に対して副業が奨励されています。そんな中、多様な働き方の新たな選択肢としてパラレルキャリアが注目されています。

パラレルキャリアとはどういう意味なのか、「副業」とは何が違うのか、パラレルキャリアのメリット・デメリットはどんなことがあるのかお伝えしていきます。

パラレルキャリアとは?

パラレルキャリア(parallel career)とは、現代経営学やマネジメントを生み出したことでも有名な、オーストリア人経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッカー(以下P.F.ドラッカー)氏が1999年に発表した著書『明日を支配するもの』内で提唱した、これからの社会における生き方の1つであり、働くということに対する考え方です。

パラレルキャリアの意味とは

パラレルキャリアとは、同時平行(parallel)的に複数の異なる仕事(career)に従事するという働き方を指し、複業とも言い換えられます。例としては、異なる複数の企業に同時に務める、異なる複数の職種に就くなどの形態が挙げられます。

副業と複業の違いは?

パラレルキャリアの提唱者P. F. ドラッカーは、この言葉を「本業の他に行う第2の活動」という意味で述べました。つまり、もともとの語義は副業と複業のどちらにも当てはまるものでしたが、現在日本では概ね複業の同義語として通用しています。

副業と複業の違い

副業では、主な収入源となる本業と収入面での補助的な仕事という主・副があるのに対し、複業では全てを本業と同列の意識で捉えます。したがって、副業では本業が最優先されますが、複業では全てが横並びか、状況に合わせて優先順位が変動することになります。

また、副業は収入を増やすことを目的として行われますが、複業は必ずしもそうでなく、特にパラレルキャリアと呼ばれる場合は、スキル向上や人脈を広げるといった意味合いにも重きが置かれます。ボランティア活動など非営利団体への参加や、起業の準備なども含まれます。

副業は周囲や勤め先に隠したまま行う傾向がありますが、複業の場合はむしろ公表することが多いです。

パラレルキャリアのメリットとは?

ライフステージの変化にも対応しやすい

結婚、出産、終身雇用の崩壊、定年後の収入減の確保など、一つの職場、一つのキャリア、一つの収入に固執しなくていい状況があればライフステージの変化にも柔軟に対応することができます。

複数の収入の柱が作れる

副業と違い、収入の補填を目的としていないとしても、隙間の時間を有効活用できるなどの点で、転職よりもハードルの低い選択肢となります。

人脈が広がる

パラレルキャリアとして活動する過程で本業では関わる機会のなかった様々な人々と出会うことにより、新しい人脈を形成することができます。その後の転職に有利に働いたりスキルアップにつながったりなど、様々な2次的効果も期待できます

世界が広がる

複業を利用すれば、単一の狭い範囲の人間関係からは得られない人脈、機会、視野、知識を得ることができます。これらは自信にもつながり人生を豊かにします。

スキルアップできる

複数の職に就けば習得できる能力もそれ分だけ増えます。社外でも通用するスキルを身に着けること(あるいは身に着けることへのモチベーションが生まれること)は、会社に頼らないキャリアを後押ししてくれることでしょう。

タイムマネジメント力が向上する

限られた時間内で複数のビジネスに取り組むため、おのずとタイムマネジメントなどのスキルも身に着けられることになります。

パラレルキャリアのデメリットとは?

メリットばかりが強調されがちなパラレルキャリアですが、デメリットもあります。パラレルキャリアは、仕事以外の時間を使うため、時間の確保に悩んでいる人も多いです。

特に仕事後や休日に予定を入れることも多くなり、どれぐらいの時間配分でやるのかというスケジュール管理が大切なポイントになってきます。

経済的な負担が増えることもある

スキルアップや人脈を広げる活動のために、経済的な負担や自己投資が増えることがあります。収入アップも目的にしながらスタートする場合には、支出が増えることがストレスの原因にもなります。

複業相互に支障が出てしまう可能性がある

パラレルキャリアを始めることによって、心身ともに負担が大きくなります。自己管理能力やタイムマネジメントが身についていない人にとっては、逆に自分を追い詰めてしまう活動になることも考えられます。

結果、どの業務にも支障をきたしてしまうといった状況に陥ることもありバランスを保つことが重要です。

周囲に賛同を得られるとは限らない

本人はあれもこれも充実して熟しているつもりが、私生活に空き時間がなくなり、家族や恋人、友人との時間がとれないことなどから衝突の原因となることもあります。

まとめ

働き方改革の流れの中で、注目を集めているパラレルキャリアという働き方。人生設計やキャリア形成の上でも良い効果を及ぼすことが見込まれることも多く、視野にいれていきたい選択肢の一つです。

パラレルキャリアを始めるにあたっては、もともとの本業とのバランスを考え、無理のないペースで始めることが大切です。余裕がなくなることで、本業に支障が出てしまうことも珍しくなく、メリット・デメリットを考えながら、メリットが上回るように取り入れていくことが重要です。

パラレルキャリアでもっと自由に、柔軟に働くという選択肢をポジティブ捉えてみるところからスタートしてみるといいでしょう。

今後を考える

これからの時代、なんとなく会社に入って、なんとなく過ごしているだけでは苦しくなるばかり。何かしら手を打たないと、と漠然と感じている人も増えています。

あなたはいかがですか?

こうした中、私は、先を見越して何をしたらいいのかと考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。

選択肢のひとつ、解決策の一助になれば幸いです。以下から無料で登録できます。

-ブログ

Copyright© Netbusiness Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.