WordPress構築

WordPressでサイトマップを作成するプラグイン「PS Auto Sitemap」の設定!

記事数が増えても自動的にサイトマップを作成更新してくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」。読者からブログの記事が整理されて見えることが必要で、そうなると用意するのがこのサイトマップです。

今回は、サイトマップを簡単に作成するプラグイン「PS Auto Sitemap」を使って、あなたのサイトにもサクッとサイトマップを設置していきましょう。

プラグイン「PS Auto Sitemap」のインストール

サイトマップを表示するのによく利用されるプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールします。

プラグイン>新規追加

  • キーワードに「PS Auto Sitemap」と入力する

  • 見つけたら「今すぐインストール」をクリック

  • 有効化をクリック!

有効化が終了すると、プラグインの一覧が表示されます。以上で「PS Auto Sitemap」のインストールと有効化は完了です。

サイトマップ用の固定ページ作成とメニューの表示

サイトマップ用の「固定ページ」を作成して、グローバルメニュー(ブログの上の方に常に表示されるメニューのことです)にそのページを表示します。

サイトマップ用の固定ページ作成

  • 上段メニューの新規から、固定ページをクリック!

  • 新規固定ページの作成画面が開くので、タイトルに「サイトマップ」と入力し「下書き保存」をクリック

  • パーマリンクを編集します。「編集」をクリック!

  • 「sitepap」と入力し、「OK」をクリック
  • その後、公開とクリック!

グローバルメニューにサイトマップを追加

作成したサイトマップ用のページをグローバルメニューに表示します。

管理メニューの「外観」>「メニュー」と進みます。

「メニュー」の編集画面が開きますので、グローバルメニューに「サイトマップ」を追加します。

  • サイトマップにチェックを入れて、メニューに追加をクリック!

一番下に「サイトマップ」が追加されているので、ドロップアンドドラッグで好きな位置に移動させます。

このサイトではこの位置です。任意の位置に移動させます。

  • 最後に「メニューを保存」をクリック!

サイトを表示してメニューを確認し、自分が指定した場所に「サイトマップ」が表示されればOKです。

サイトマップの表示させる

サイトマップ表示用のコードを取得

「PS Auto Sitemap」の設定を確認して、サイトマップを表示するためのコードを取得します。

  • WordPressの管理画面から「設定」>「PS Auto Sitemap」をクリック!

設定を開くと、一番下に「ご利用方法」として以下のコードを入力してください、という箇所があります。

  • 赤枠のところに表示されている文字列の行をコピーします

サイトマップページにコード貼り付け

「固定ページ」>「サイトマップ」をクリックして、ページの編集に入ります。

  • 「テキスト」にして、先程コピーしておいたコードを貼り付けます
  • 「更新」をクリック!
  • 最後に、ブラウザのアドレスバーに表示されている数字(ページID)をメモしておきます。私の場合は「1705」です。

以上で、サイトマップのページは完了です。

「PS Auto Sitemap」の設定

ワードプレスの管理画面から「設定」→「PS Auto Sitemap」を選択します。

PS Auto Sitemapの設定画面が開きますので、以下のように設定していきます。

  • ①ホームページの出力:チェックをはずす
  • ②投稿リストの出力:投稿は表示させたいのでチェックをいれる
  • ③固定ページリストの出力:このサイトについて、とか、お問い合わせのページは通常固定ページで作りますが、それらの固定ページをサイトマップに表示するかどうかの設定。チェックを入れる
  • ④サイトマップを表示する記事 :サイトマップを表示する記事のIDを入力します。先ほどサイトマップの編集画面でメモした数字を入力。
  • ⑤出力階層制限:カテゴリーを親カテゴリーを指定して階層化している場合など、どこまでの階層を表示するかを指定。制限なしでOK
  • ⑥先に出力するリスト:記事を先に表示するか、固定ページを先に表示するかの設定。記事を選択しておけばOK
  • ⑦カテゴリーと投稿の表示: サイトマップ内にカテゴリーと記事を一緒に表示するか(同一マップ内)、カテゴリーだけを表示して、カテゴリーをクリックすることで記事を表示するか(投稿を分割)の設定。「同一マップ内」を選択しておけばOK
  • ⑧除外カテゴリ :サイトマップに表示したくないカテゴリーがある場合、それを指定する設定。(カテゴリーIDを指定する)
  • ⑨除外記事 :サイトマップに表示したくない記事がある場合、それを指定する設定。(記事IDを指定)
  • ⑩スタイルの変更:サイトマップの表示の仕方(デザイン)を指定。クリックしてプレビューしてみて好みのものを選択
  • ⑪キャッシュの使用:表示スピードを速くするための設定。他にキャッシュ用のプラグインを使っている、といった場合や、良くわからない、という場合、チェックを外しておくのが良い。
  • 最後に「変更を保存」をクリック!

実際にメニューを開いて、サイトマップが表示されているか確認しておきましょう。

表示されないという場合以下を再度確認してみてください。

  • ページのIDが正しく入力されているか
  • コードの貼り付けが正しくできているかどうか

まとめ

  • サイトマップはプラグイン「PS Auto Sitemap」を使えば簡単に、自動で作成できる
  • アドセンスでは必須のコンテンツとも言える

読者にわかりやすい読者に優しいサイトづくりのためにサイトマップを取り入れていきましょう。

また、更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

-WordPress構築

© 2020 Netbusiness Labo