WordPressバックアッププラグインUpdraftPlusの設定と使い方!

WordPressでブログを運営する上でサイトデータのバックアップは必須です。この記事では、WordPressサイトを自動バックアップできるプラグイン『UpdraftPlus』の設定とバックアップ方法、使い方を解説します。

人為的な操作間違いでデータを削除してしまったり、何らかの原因の障害が発生したとしても、サイトデータを元に戻せるようバックアップは必ずとっていきましょう。

バックアッププラグインUpdraftPlusとは

バックアッププラグインは「BackWPup」など他にも色々と種類がありますが、UpdraftPlusはワンクリックで簡単にデータのバックアップと復元ができる最強プラグインです。

こんな方におすすめ

  • ワードプレスの初心者
  • Webサイトの知識が無い
  • エックスサーバー・wpXサーバーなどを使っていて、サーバーに余裕がありしっかり安定して動いてくれる
  • いざという時の復元作業に自信が無い

逆におすすめしないのは、

 

  • 格安サーバーを使っていて、サーバーの容量が小さい或いは動作が不安定
  • 運営するWordPressサイトが巨大
  • Webサイトの知識があって、バックアップデータを復元するやり方がある程度分かる

バック・アップにどのプラグインがいいか迷う場合に参考にしてくださいね。候補もよくわからないという場合は「UpdraftPlus」一択でいいでしょう。

UpdraftPlusのインストールと有効化

管理画面のメニュー「プラグイン」>「新規追加」と進みます。

キーワード欄に「UpdraftPlus」と入力すると以下のように表示されます。

  • 今すぐインストールをクリック!

  • 有効化をクリック!
  • 有効化されると以下のポップアップが開きます

 

UpdraftPlusでバックアップ・復元をテストしてみる

バックアップしてみる

  • 上記の「今すぐバックアップ」をクリック!

  • 2ヶ所にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリック!

バックアップの処理が進行します。下に見えている「バックアップ済み」がバックアップ前は0ですね。バックアップが完了すると以下の画面に変わります。

バックアップ済みに「1」と表示され、バックアップしたデータが日付とともに表示されています。

ここで、バックアップしたデータはどこにいったか気になるところですが、ここはバックアップと復元のテストができればいいので気にせず進みましょう。

復元のテスト

  • 先程表示されたバックアップを確認し、「復元」をクリックします
  • 別窓が開くので、復元したいデータにチェックを入れて「次へ」をクリック

  • 「バックアップアーカイブファイルは正常に処理されました。今すぐ復元を押して・・」と表示されたら「復元」をクリック!

「Restore succesful!」と表示されたら復元は成功です。

バックアップと復元のテストは完了です。簡単でしたね!

 

UpdraftPlusの設定

管理画面>プラグイン>UpdrafePlusの設定 と進みます。

バックアップスケジュールの設定

  • 「設定」のタブをクリック!
  • ファイルのバックアップスケジュールとデータベースバックアップのスケジュールを設定していきます。

バックアップの頻度と保持件数は、ブログ記事の更新頻度などを考えて任意で決めます。私の場合は両方「1日ごと」、保持件数は「5」にしてあります。

注意ですが、1日ごとで保持を5にするということは5日経ったら、その前は削除されいく・・ということです。自分のブログの更新頻度と保持の兼ね合いはしっかり考えて設定しておいてください。

バックアップデータの保存先の設定

先程はスルーしましたが、バックアップデータの保存先をどこするか把握しておくことは大切です。保存先を設定していきましょう。

「保存先を選択」のリストの中から、保存先を決めます。

この中で、一番設定が簡単で、一番安心できるのはDropboxだと思います。私は当初、保存先をGoogle Driveにしていましたが、認証がなかなかスムーズに進みませんでした。

ここでは「Dropbox」で解説します。

Dropboxで認証のURLをクリックしますが、またこの画面に戻ってきたいので、右クリックの「新しいタブで開く」で開きます。

WordPressでサイト運営をしている方の多くは、Googleのアカウントを持っていると思うので、その場合はGoogleアカウントでログインできます。

もしGoogleアカウントを持っていなくても、下の赤枠「Dropboxのアカウントを作成」から、氏名とメールアドレスを入力して、パスワードを作ることで簡単にアカウント作成できます。

Dropboxのアカウントをすでにお持ちの場合は以下の表示になります。

  • どの方法からでも、許可を求める画面がでたら、「許可」をクリック!

  • 「完全なセットアップ」をクリックします
  • 設定の画面に戻り、必要があれば「メール」にチェックを入れます。私はこのメールが届くと安心できるのでチェックを入れています。

 

  • 最後に「変更を保存」をクリック!

これで「UpdraftPlus」の設定も完了です。

まとめ

UpdraftPlusは、WordPressで運営するブログを丸ごとバックアップ&復元できるプラグインです。バックアップのスケジュール設定とバックアップの復元が簡単にできるので、WordPress初心者さんにもおすすめのプラグインです。

また、一度導入・設定しておけば、自動的にバックアップが継続されるので手間いらず。

記事もそれほど入っていないし、まだバックアップなんて必要ない・・と先延ばしにしていると、残念なことになりかねません。収益化しているサイトならなおのこと、目も当てられません。

ブログを運営していると、自分で間違ってデータを消してしまったり、テンプレートファイルを修正した際にエラーが発生する場合があります。

万が一に備えて、サイトデータのバックアップは必ず取るようにしましょう。

更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

-WordPress構築

Copyright© Netbusiness Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.