WordPress構築

Xdomainで独自ドメインを取得してXSERVERで使えるようにする方法!

エックスドメイン(X-domein)で取ってきたドメインをエックスサーバー(XSERVER)で使えるようにする方法についてです。まずはエックスドメインでドメインを取得してきましょう。

“エックスドメイン”は同社で運営しているエックスサーバーと相性が良く、ネームサーバー設定というものも簡単なので、アフィリエイト初心者でも迷うことが少ないのが大きなメリットです。

エックスドメインで独自ドメインを取得する

エックスドメインの公式ホームページを開く

エックスドメインの公式ホームページにアクセスします。こちらから独自ドメインを取得していきます。

取得希望のドメインを検索!

エックスドメインの公式ホームページを開くと、右上に検索窓があります。ここで取得したいドメインが取得できるのかを検索しましょう。

もし希望のドメインアドレスが他の人と被っていたら取得できない場合もあります。早速検索してみましょう。

ドメインの末尾を選ぶ

ドメインの末尾に関しては、「.com」「.net」「.info」などいろいろありますが、自分の好きなものにすればいいかと思います。

※取得するドメイン1つにだけチェックをいれて、取得手続きに進むをクリック!

エックスドメインへの会員登録

ドメインサービスご利用お申し込みー会員登録

 

赤い※印は必須です。順番に入力していきます。

  • WHOIS代理公開サービスは希望するにチェック
  • インフォメーションメールの配信は希望するにチェック

エックスドメインのお支払い設定ーお支払い情報の入力

最終確認

内容に間違いがなければ確認ボタン(申込みボタン)をクリックします。

ドメインをエックスサーバーに適応させる

ドメイン取得後、エックスドメイン内でネームサーバー設定というのが必要になります。これをしておけばエックスサーバーでドメインを使える準備が完了します。

ネームサーバー設定の手続きは簡単ですのでそれを一緒に確認しておきましょう!

ドメイン管理を開く

エックスドメインで新規取得したドメインの管理画面を開きましょう。エックスドメインのトップページから、「ドメイン管理」をクリックします。

ネームサーバーを変更しておく

ここでネームサーバーの変更を行います。「ネームサーバー変更」をクリックして次の画面に進んでください。

利用サービスの枠のプルダウンから、「エックスサーバー」を選択します。そして、ネームサーバーの変更(確認)をクリックすればOK!

確認後、確定でOK。これでエックスサーバーでドメインを使うための準備が整いました!

続いて、エックスサーバーと連携していきましょう。

まとめ

独自ドメインの取得。レンタルサーバーをエックスサーバー利用する人なら、エックスドメインでのドメイン取得がおすすめ。

エックスドメインは同社で運営しているエックスサーバーと相性が良く、ネームサーバー設定というものも簡単なので、アフィリエイト初心者でも迷うことが少ないのが大きなメリットですね。管理パネルが統一されて管理しやすくなったのもメリット。「.com」の価格が他社よりも安く、更新費も割安なことも魅力の1つです。

ちなみに、エックスサーバーがサーバーの新規申し込みで、ドメインがずっと無料のキャンペーンを行っていることが多く、ドメインを取得するときには、エックスサーバーも合わせて見てみることをおすすめします。

-WordPress構築

© 2020 Netbusiness Labo