ネットビジネス

トレンドアフィリエイトの始め方!初心者におすすめの理由とは?

在宅収入で稼ぎたい!アフィリエイトに挑戦したい!でも何から手を付けたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。あるいは、ネットビジネスの教材を買ってみたものの、稼げないまま挫折している・・という方も多いと思います。

今回は初心者にも参加のハードルが低くておすすめのトレンドアフィリエイトの始め方と、初心者におすすめの理由についてお伝えします。

トレンドアフィリエイトとは?

Googleアドセンスを使ったアフィリエイトの中でも、【トレンド=世間で話題になっていること】を扱ってブログ記事にアクセスを集め稼ぐ方法をトレンドアフィリエイトと言います。

エンタメ系や時事、イベントなどその時の流行や話題になっていることを主に扱います。

  • エンタメ系:芸能人、テレビ番組、映画、音楽など
  • 時事:選挙や法改正、政治などニュース関連
  • イベント:スポーツ大会、季節の行事、フェスなど

普段から自分が目にしている、テレビ、ネットニュース、YouTubeなどから記事ネタを探せますし、ある意味記事ネタはどんどん新しく生まれても来るので記事ネタには事欠かないといえます。

トレンドアフィリエイトが初心者におすすめの理由とは

アクセスが集めやすい

トレンドアフィリエイトを運営するメリットはまさにここにあるといっても過言ではありません。トレンド(今、世間で話題になっていること)をネタにするので、単純に検索ボリュームが多く、アクセスを集めやすいです。

検索エンジンには時事性の高いトピックに関しては、新しい情報を上位表示させようとするアルゴリズム、“QDF(Query Deserves Freshness)”というものがあるといわれ、そういった意味でもトレンド記事は上位表示が狙いやすいジャンルといえます。

記事ネタに事欠かない

トレンドアフィリエイト特徴でもある「トレンド(今旬の話題)」を取り上げて記事にしていくので、ネタ切れということはありません。

特別な知識がなくても書ける

トレンドアフィリエイトは難しい知識や特別な知識がなくても今すぐ始めることができるのが最大のメリットです。

身につけたいとすれば検索能力とわかりやすい文章を書く力です。流暢な文章を書く必要はなく、わかりやすく読者に読みやすく、わかりやすい文章が書ければ十分です。

収益が発生するまでのハードルが低い

トレンドアフィリエイトはGoogleアドセンスを利用するアフィリエイトです。

  • 読者が感心を持っている広告あるいは、記事内容にあった広告が表示される
  • 広告がクリックされるだけで収益が発生する

という特徴から、収益が発生するまでのハードルが低いのも取り掛かりやい理由です。

アドセンス審査に合格して広告が掲載できるるようになることが前提ですが、広告を表示すると、早ければその日のうちに成果が発生します。その成果が1円だったとしても、自分が立ち上げ、書いた記事からお金が発生する体験は何ものにも代えがたい貴重な成功体験です。

どんな読者を集めても良い=アクセスさえ集めればいい

トレンドアフィリエイトは、読者の属性を選ばずブログに人を集めるだけで稼ぐことができます。

成果報酬型のアフィリエイトでは、広告をクリックした先で商品の購入や申し込みの成約が入らないと、報酬にはならないため、購入を検討している見込み客を意識してブログや記事に集客するということです。

逆にトレンドアフィリエイトではクリック報酬型のGoogleアドセンスを利用するので、広告がクリックされるだけであなたは収入を得ることができます。広告はブログを閲覧しているユーザーの検索履歴をもとに自動で表示されるので、自分で広告の種類を選ばなくても、読者の興味のある広告が表示されます。

成果報酬型では成約をすることができそうな、見込み客をブログに集客する必要がありますが、トレンドアフィリエイトではどんな読者でもOKなので、なにしろアクセスを集めれば良い!とシンプルなのが初心者でも稼ぎやすいということです。

トレンドアフィリエイトの始め方

トレンドアフィリエイトの始め方の流れ

トレンドアフィリエイトを始めるための流れをざっくりお伝えすると

  • サーバーをレンタルする
  • ドメインを取得する
  • サーバーとドメインを関連付ける
  • ワードプレスをインストールする
  • 記事を書く
  • アドセンス審査に通過(合格)する

という流れになります。

トレンドアフィリエイトに取り組むための費用

  • レンタルサーバー代・・・月額1,000円ほど
  • 独自ドメイン代・・・年額1,200円ほど(選ぶドメインよって変わります)
  • WordPressテーマ・・・無料・有料あり。

有料テーマのおすすめ

以下に紹介する有料テーマは最新のSEO対策施策が施されたWordPressテンプレートですので
トレンドアフィリエイトで早く成果を出したいのであれば先行投資として購入することをおすすめいたします。

トレンドアフィリエイトの実践

ポイント

  • 検索エンジンで検索されているキーワード(ネタ)を調べキーワード選定
  • キーワードを元に惹きのあるタイトル付けをする
  • キーワードに関する記事を書き、上位表示させる
  • 検索経由のアクセスを集める
  • アドセンス広告がクリックされて報酬が発生する

トレンド記事の種類

トレンドアフィリエイトで構築していくサイトは、取り扱うネタ(キーワード)やジャンルによって大きく分けると3つに分類されます。

ショートレンジキーワード

短期的トレンドキーワードとは、ある短い期間において検索回数(話題性)が急激に高まるキーワードのことです。非常に多くの検索回数があるためうまく記事を上位表示させることができれば
1日数万円〜数十万円を稼ぐことも可能です。

ただし、検索される期間が短いので長期的に稼ぐことは難しいといった特徴も持ち合わせています。芸能速報系。スポーツ速報系、時事系の速報ネタなどがこれにあたります。

ショートレンジで狙ったものが、結果としてロングレンジ記事に変化する場合もあります。

ポイントは、第一報の情報を受けた世間の人が「次に気になること」を記事にしていくことです。第一報と同じ内容ではいくらスピード感を持って書いてもアクサスは集められません。第一方の記事を読んだ読者が次に何を知りたいか・・を先読みして記事にしていくイメージです。

短期間に爆発的にアクセスを集めることもできますが、アクセスが長く続かないデメリットもあります。

ミドルレンジキーワード

「ある一定の期間だけ多くの人に検索されるキーワード」が「ミドルレンジキーワード」になります。

ある特定の時期や季節に毎年or数年間おきに検索される周期性のキーワードもありますし、次シーズンのドラマなどを狙ったキーワードもあります。

周期的トレンドキーワードはある特定の時期や季節に毎年or数年間おきに検索され続けるため、
その時期になると再びアクセスを集めることができるという特徴があります。

記事を外れているときにはアクセスはないか、低空飛行ですが、一度書いておけば、毎年同じ時期に繰り返しアクセスを集めてくれます。

ロングレンジキーワード

ロングレンジキーワードとは、1年間を通じて常に一定数検索され続けているキーワードのことです。息の長いキーワードことを言います。「今までも・・・これから」も検索されるキーワードのことです。

ボリュームのあるロングレンジキーワードは、現在もそして未来も、これから長く検索されるキーワードですから検索上のライバルもすでに多いですし、これから先もライバルが現れると思っておいたほうがいいです。

そこに勝って上位表示されいくには、ここは記事の質で勝負していくことになります。情報がすでにある情報とかぶっていては上位表示はおろか、ネット上に表示すらされない場合もあります。

同じメインキーワードでも2段階目、3段階目キーワードで差別化したり、情報を濃くしたり、独自性を出したりすることで選ばれる記事にすることが重要です。

アドセンスでトレンドアフィリエイトに挑戦したいという場合に見ておいたらいいなと思う教材が以下の2つです。

グーグルアドセンス教材 初心者におすすめの商材はPRIDEか下克上∞か?

インターネットビジネス初心者にも成果が出やすいといわれるグーグルアドセンス。成果が出やすいとはいえ、独学でやみくもに記事 ...

続きを見る

まとめ

トレンドアフィリエイトの始め方と、トレンドアフィリエイトが初心者におすすめの理由について解説してきました。

トレンドアフィリは今更・・とか、トレンドアフィリはオワコン!?などの声もありますが、正しい方法で、成果がでるまでの量をこなせば、初心者にも成果が出しやすいジャンルです。

また、一生トレンドアフィリエイトを取り組まないといけないわけでもなく、最短で成果体験ができて、インターネットビジネスに必要なスキルやマインドの多くを実践しながら身につけていけるのもメリットと言えます。

キーワード選定やタイトル付けのスキルとノウハウを身に着けた後には、外注化もしやすいジャンルですし、他のアフィリエイトにステップアップしていくことも可能で、初心者が最初に取り組むにはおすすめのジャンルです。

更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

-ネットビジネス

© 2020 Netbusiness Labo