おすすめツール・指南書

2020年版Googleキーワードプランナーの登録方法と効果的な使い方のポイント!

キーワードプランナーとは、Google広告(旧Google Adwords)を出す際にキーワードの検索ボリュームなどを詳しく調査するためのツールです。

本来は広告を出すときに使うツールですが、サイトのキーワードの検索ボリュームや競合の強さの概要を知るのに参考になるため、キーワード選定にも有効で、よく使われるツールです。

キーワードプランナーを使えるようにするには、Google広告に登録しなければなりません。今回は、Google広告の登録からキーワードプランナーを使えるようにするための登録方法と、効果的な使い方のポイントを解説します。

Google広告に登録する方法

キーワードプランナーは本来は、広告を出す側がどのようなキーワードに需要があるかを調べるためのツールです。

Google広告で出稿していないアカウントは検索ボリュームがあいまいな数値として表示されるといった、一部利用が制限されていますが、このツールを使うと正確な値ではないものの、大まかな検索ボリュームや競合性 を知ることができます。

キーワードプランナーは「Google広告」の機能の一部であり、まずは「Google広告」に登録するところから始まります。

Google広告に登録する

Google広告にアクセスします。

  • 「今すぐ開始」をクリック!
  • グーグルアカウントでログイン

新しいキャンペーンを作成

  • 今回はウェブサイトのトラフィックを選択
  • 「続行」をクリック

  • 地域と言語を選択します

  • 予算と入札単価を入力します。少額を入力します。

  • 特に入力せず保存して次へをクリック!

  • キャンペーンに進むをクリック!(広告を作成しないで進みます)
  • 広告グループを設定するのページは何も入力せず保存して次へをクリック

これで登録は完了です。

キーワードプランナーの使い方

  • 上部のバーの「ツールと設定」をクリック
  • キーワードプランナーをクリック

以下の表示がでます。

  • 「申し込む」をクリック!

これでキーワードプランナー画面に遷移します。

キーワードプランナー使用方法

キーワードのボリュームを調べたい場合は、左側の「新しいキーワードを見つける」を選択して矢印をクリックします。

「新しいキーワードを見つける」機能を使うことで、アクセスを集めたいキーワードと関連したキーワードを見つけることが可能です。

 

例えば「アフィリエイト」というキーワードを入力し、「結果を表示」をクリックします。

検索結果には、キーワードの候補、「月間平均検索ボリューム」「競合性」などが表示されます。キーワード候補には、先ほどのキーワードと関連性が高いものが表示されます。

平均検索ボリューム

どれぐらいこのキーワードを検索する人がいるのかという平均値を意味します。この検索ボリュームの指標の値が大きいほど、検索結果上位に表示された場合、多くのユーザーの流入が見込めます。

ただし、今回のように無料で利用する場合には、正確なものではなく、おおよその数字ですので、参考程度に見ておくと良いでしょう。

実際に広告を掲載する場合には、結果の数字がもっと細かい正確なものが表示されるようになります。

競合性

競合性とは、広告出稿のライバルの多さを指します。こちらの項目が「高」だと競合が多く、「低」だと逆に少なくなります。

この競合性が高いほど、自然流入の対策においても競合性が高いと判断することができます。

これを元に、競合が少なく、検索ボリュームの多いブルーオーシャンなキーワードを見いだしてコンテンツに活かすことが大切です。

1つのメインキーワードからは、そのようなキーワードを見つけるのは至難の業なので、2段階、あるいは3段階の複合キーワードで狙っていくのがいいでしょう。

複合キーワードで検索

半角スペースで区切って、複合キワードで検索することも可能です。

複数のキーワードを使って検索する分アクセスは減りますが、その分、ターゲットが絞られるので検索ワードに対して、濃いユーザーであるともいえます。

まとめ

今回は、Googleキーワードプランナーの初回登録方法と使い方について解説しました。GoogleキーワードプランナーはGoogle広告の機能のひとつなので、まずはGoogle広告に登録することが必要です。

ブログ記事の検索からの流入を増やすには、書きたいことを書くのではなく、検索キーワードという事実データで検索需要や検索ボリュームを把握することが重要です。

Googleキーワードプランナーを有効に活用して、キーワード選定からコンテンツ制作につなげてください。

こういったことができるようになると、更に幅が広がります。また、更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

 

-おすすめツール・指南書

© 2020 Netbusiness Labo