SEO対策とは?SEOが意味ないの真相は?上位表示の方法の本質とは?

Googleのアルゴリズムが日々進化する中、SEO対策もその施策内容から考え方まで大きく変化してきました。

ここではSEO対策とはどういう意味なのかを確認しつつ、SEOが意味ないといわれる真相と、上位表示させる方法の本質について解説します。

SEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、簡単に言うと検索エンジン最適化のことです。

インターネット上にある多数のサイトは、検索エンジンにかけられることで検索結果として表示されますが、この検索結果はエンジンのアルゴリズムが決定しています。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、自サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。

SEOは意味ない!と言われるその真相は?

SEOは意味ないと言われる真相は、かつてSEO対策になると言われてきた対策や作業の中に、今では意味がなくなっているものも多いの意と考えた方が良さそうです。

  • 検索順位操作が目的の為に購入した外部リンク対策
  • ユーザーの為にならない低品質なコンテンツの量産
  • キーワードの出現率を高める

これらは過去にはSEOとして効果があると言われていましたし、実際効果があったようです。が、現在ではかえってスパム行為とみなされたり、サイトの評価を下げる結果となります。

検索エンジンはGoogleが8割以上を占める!から見えてくること

日本では、検索エンジンはGoogleとYahoo!があります。実際にはYahoo!はGoogleの検索エンジンを借りているので、ほとんどがGoogleの検索エンジンを使っています。2018年のデータを見ても、パソコンの検索エンジンのシェアで78%がGoogleですが、スマホになると85%がGoogleを使っているというデータがあります。

つまりSEOに関してはGoogleの対策をすればよいことになります。

上位表示の方法の本質とは?

Googleの評価基準を知ることがSEOの第一歩

現在のGoogle検索エンジンが「質が高い」と評価するのはどのようなポイントなのでしょうか。
Googleの評価基準を知ることで、SEOに意味のないこと、効果的なことを知ることができます。最新のアルゴリズムで重要視されているポイントを確認してみます。

サイト外からの評価基準として代表的なのは被リンク数

これは検索順位操作が目的の為に購入した外部リンク対策などでは通用しません。急激に増えた被リンクや内容のないサイトからの被リンクは不自然とみなされ逆効果となります。

逆に、権威あるサイトからの被リンクは評価されます。自分でコントロールできる部分ではありませんが、自然に他のサイトからリンクされるような「良質な記事を書くこと」が結果として、自サイトの評価をあげることにつながります。

最重要視されるE-A-Tについて

Googleは、E-A-Tの重要性を検索品質評価ガイドラインで公式に言及しています。E-A-Tは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のぞれぞれ頭文字をとって省略した呼び方で、Webページ・サイトの「専門性/権威性/信頼性」を意味します。

昨今、SEOにおいてE-A-Tは特に注目されており、Googleはより重視するようになりました。

E-A-Tのベースは、ユーザーファーストの概念です。ユーザーがより満足するWebサイトを提供するために、E-A-Tを考慮したサイト作りが必要となります。

一般の個人がサイト運営をする中では、E-A-Tの中でも、とくに専門性を意識したサイト作りが重要となります。

また、サイトのジャンルによってE-A-Tの評価が異なります。YMYLと呼ばれる「金融や医療などの生活やお金に関連するトピックを扱うWebサイト」は信頼性がとくに重視されます。

最新SEOに必須の作業

ユーザーが読みやすい文章になっていたり、画像が最適化されていたりするかも判断基準となります。アルゴリズムは時折変化しますが、Googleの「検索エンジン最適化スターターガイド」「ウェブマスター向けガイドライン」にポイントとなる点が解説されています。

検索エンジン最適化(SEO)は、ウェブサイトの各部分に小さな変更を加える作業が多くなります。個々に見ると、これらの変更はちょっとした改良のように思えますが、複数の最適化手法を併用することで、サイトのユーザー エクスペリエンスやオーガニック検索結果でのパフォーマンスに著しい影響を与える可能性を秘めています。
引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

ウェブサイトはユーザーの便宜のために構築するべきであり、すべての最適化はユーザー エクスペリエンスの向上のために調整する必要があります。
引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

サイトの細かな部分の変更の手間を惜しまず、ユーザーファーストで、ユーザーの便宜のために構築していくことがSEOになると表明しています。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドには、対応すべき作業が一つ一つ解説されています。これらの対策を一つ一つしていくことが検索エンジンに高評価されるために必要なことです。

まとめ

基本的にユーザーに満足されるコンテンツは高評価されやすいことが分かります。変化していく検索アルゴリズムにその都度対応を行いながら、Googleからの評価を高めるコンテンツ作りをしていく必要があるでしょう。

Google AdSenseに関して、「Googleの顔色ばかり窺わなくてはいけない。」「Googleの機嫌次第で振り回される」という声も聞きますが、アドセンスに限らず、Webを使ってビジネスの拡大や収益化するためにはSEOは取り入れるべきですし、検索エンジン最適化も対応すべきところです。

その本質は「ユーザーファースト」。ユーザーファーストの具体的な方法をGoogleは示してくれていると思えば、収益化したいサイトなら、サイト構築に取り入れていくのが得策です。

また、更にネットで収益化していきたい、他の人とは一味違うブログ運営がしてみたい、という場合には以下のメルマガにも登録してみてください。

-ネットビジネス

Copyright© Netbusiness Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.