FPのお金の話

教育費が不足で不安!節約より効果大!在宅でブログで稼ぐ3大メリットとは?

人生の三大支出の1つである教育資金。人生の3大支出とは「住宅資金」「教育資金」「老後資金」のことですが、家計のなかで、「聖域」とも称せられる子どもの教育費は、他をけずってでも優先したいという気持ちをお持ちの方も多いと思います。

この記事では、教育費の不足が不安でどうしたらいいかとネット上を検索していたあなたのために、私も実践している、在宅でブログを使って稼ぐ方法と、在宅でブログで稼ぐ3大メリットをお伝えします。

 

教育費はいったいいくらかかるのか?

必要な教育費の金額は、子どもの進路によって大きく幅があります。

  • オール国公立なら約750万円、オール私立なら2,000万円以上

私立か公立か、でも差が出ますし、私立大学に関して言えば文系、理系、医科歯科系でも大きな開きがあります。

教育費の貯金額の目安は?貯金できない人にもオススメの方法とは? - シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築
教育費の貯金額の目安は?貯金できない人にもオススメの方法とは? - シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築

子育て世代にとって、子どもの教育や教育費の話題は最も関心のあるところではないでしょうか。どのような教育をしてい…

今すぐ読みたい

教育費を在宅でブログで稼ぐ3大メリットとは?

貯蓄を殖やすには、「収入を増やす」「支出を減らす」「お金に働いてもらう(運用する)」の3つの方法があります。

教育費の不足が不安だからといって節約して貯める!という家庭もあると思いますが、節約には限界がありますよね。浪費や無駄な出費は抑えるべきですが、育ち盛りの子どもの食費を半分にするのはしのびないですし、家族で旅行にいったり、子連れで出かけたり、時には外食してみたり・・子どもの心身の健やかな成長のために、遣いたいお金もあります。

そこでオススメはシングル家庭の私も実践している「在宅でブログで稼ぐ」という収入を得る方法です。具体的な方法は今後1つ1つ解説していくとしてここでは、子どもの教育費をブログで稼ぐ3大メリットをお伝えします。

在宅でできる

子育て中や子どもが中学高校と進学しても、できるだけ子どもとの時間を確保したいと思うのが親心ですよね。ブログ運営なら完全在宅できますし、もっと言えば、ネットが繋がる環境さえあれば、いつでもどこでもビジネスすることができます。

移動時間、移動の交通費もかかりませんし、子どもが寝てからとか、子どもが夜勉強している間にとか、時間がないながらにも自分で工夫して時間を捻出しやすいのがメリットです。

継続すれば事業所得になる

ブログで得る収入は、継続収入にしていけば事業として事業所得になります。開業して青色申告をするようにすれば、税金の面でもメリットが享受できます。

特に、シングル家庭の場合、保育料、医療費、水道代、そのほか色々な支援制度、福祉制度がありますが、所得金額に応じて変動するものが多いです。

そのため、本業も給与収入、副業でもパート・アルバイト収入としてダブルワークなど行うと、確かに給与所得は増えますが、その分、手当や支援金が減ったり、制度を最大限活用することができなくなる場合もあります。

その点、事業所得として正しい確定申告をすれば、収入は増えても所得を抑えることも可能です。脱税は違法ですが、節税は賢く取り入れたいですし、受けられる支援制度は最大限活用させていただくのも1つの考え方です。

収入の可能性は無限大

特別な資格や技能などがなく会社員として働く場合、月収50万、月収100万というのはなかなか現実的でない収入ですが、ブログを使ってネットで稼ぐとなれば、一気に可能性は広がります。

今はまだ、「ネットで稼ぐ?」「ブログで稼ぐ??」と半信半疑、またはまったく信用していない状況かもしれませんが、ブログを使って月10万円稼ぐというのは、とても現実的でまっとうなビジネスモデルです。

しかも、一度ブログでお金を稼げるようになれば、そこで培った知識や経験を活かして、さらに収入を増やすことが出来ます。

まとめ

教育費が思うように貯められず不安!というシンママも多いですね。私もそうでした。節約には限度がありますし、効果絶大とはいえません。

時間の切り売りの稼ぎ方だと、もちろんやった分だけは収入は増えますが、子供との時間は減り、時間がない、忙しいと、イライラしてせっかくの子供との時間も台無しにしてしまう・・。そんな時期もありました。

そんな時、在宅で、ブログで稼ぐという方法があることを知り、現在のメンターに出会って正しい方法でコツコツ取り組んでみたら、子どもの教育費や大学進学費用をブログで稼ぐことができています。

この魅力的な「ブログで稼ぐ」具体的な方法をこのサイトでお伝えしてきます。

-FPのお金の話

© 2020 Netbusiness Labo